メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 剣道用マスク“ドウ”だ 防具に息苦しさ、解消 津山の縫製会社、受注販売を開始 /岡山

「KEN-to-01」を着用した様子=笏本縫製提供

 コロナ禍でも思い切り剣道に打ち込みたい――。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で剣士の願いをかなえようと、津山市のネクタイを中心に手がける縫製会社「笏本(しゃくもと)縫製」が競技用のオリジナルマスク「KEN―to―01」を開発し、受注販売を開始した。考案した笏本達宏専務(33)は「少しでも剣道に集中できる環境を作りたい」としている。【益川量平】

 剣道は、競技中の接触に加えて「メン!」「ドウ!」などと大声を発することが多く、4月に愛知県警の剣道特別訓練員の間でクラスター(感染者集団)が発生し、全日本剣道連盟が対人稽古(けいこ)の自粛を呼び掛けた。現在は同連盟の指針で稽古中のマスク着用を義務づけられている。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです