メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信号機整備、検討会を設置 更新時、廃止も選択肢に 県警 /香川

検討課題に挙がった一灯点滅式信号機=高松市で、喜田奈那撮影

 県警は、信号機のあり方を協議する有識者検討会を設置した。県内人口が今後減少していく中で、必要性の薄れた信号機の廃止も含めて効果的な配置について意見を求める。11月ごろに報告書をまとめ、実際の信号機の整備に反映させていく。初会合を4日に高松市で開き、県警、大学、国、自治体などから計18人が出席した。【喜田奈那】

 検討課題の一つに、老朽化した信号機の更新の必要性が挙げられた。県警は、製造から19年経過した信号機制御機を更新対象としており、2019年度末時点では、県内の2083基のうち14%が更新対象になっている。県警は、一律に更新するのではなく、事故抑止効果が低い信号機は廃止する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです