特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨から1カ月 妻失った小森さん、悲嘆今も 君が愛した街で「また民泊を」 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小森孝子さんが切り盛りしていた民泊
小森孝子さんが切り盛りしていた民泊

 各地に大きな爪痕を残した九州豪雨が日田市を襲って約1カ月。同市天瀬町の小森孝子さん(72)は、氾濫した玖珠川の濁流に流され、その後死亡が確認された。民泊兼自宅を構えた天ケ瀬温泉街を「第二の古里」と呼んで愛した孝子さん。遺族は今も大きな喪失感の中にいる。【津島史人】

天ケ瀬「第二の古里」

 孝子さん方は、玖珠川沿いに旅館が建ち並ぶ温泉街の一角にある。川の氾濫で家に濁流が流れ込んだのは7月7日朝。激しい雨音の中、1階にいた夫の満雄さん(70)は「戸が浮いてる」という孝子さんの声を聞いた。

 水につかりながら声がした方に進むと、玄関の外で引き戸を押さえる孝子さんの姿が目に入った。驚いて「何をやっているの!」と叫んだが、直後に孝子さんは満雄さんと目を合わせたまま流され、行方が分からなくなった。満雄さんは「戸を押さえて、屋内のものを守ろうとしたのだろうか」と想像する。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1309文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集