連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

太平洋戦争、どう終わったの? 降伏の呼びかけを受諾 「決断早ければ」の声も=回答・栗原俊雄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
終戦を知り、皇居前で土下座する人々
終戦を知り、皇居前で土下座する人々

 なるほドリ 今年は「戦後75年」という報道をよく見るよ。どんな戦争だったの?

 記者 1941年12月、日本の旧陸海軍が東南アジアやハワイを攻撃し、米英などとの戦争が始まりました。45年夏に日本が降伏して終わりました。日本人だけで310万人が亡くなりました。

 Q 当初は日本軍が優勢(ゆうせい)だったんでしょ。

 A ただ戦争が長期化するにつれ国力ではるかにまさる米軍の反攻が進みました。特に44年夏、サイパンなどマリアナ諸島を奪われたのが決定的でした。米軍はそこから日本本土爆撃(ばくげき)を繰り返しました。さらに広島、長崎への原爆(げんばく)投下が続きました。日本は中立条約を結んでいたソ連に連合国と講和(こうわ)するための仲介(ちゅうかい)役を期待していたのですが、そのソ連が長崎への原爆投下と同じ45年8…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文782文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集