メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

陸上イージス配備の撤回 「大失態」 検証必要だ=論説委員・西田進一郎

 政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を撤回した。2017年12月に導入を閣議決定し、秋田、山口両県への配備を目指してきたが、わずか2年半で方針転換を余儀なくされた。政府は陸上イージスに代わる新たなミサイル防衛の検討を進めている。9月中に方向性を示すという。だが、大失態と言える配備計画撤回の経緯を検証し、その責任を明らかにすることから再出発すべきだ。

 秋田市の日本海沿いに南北約2キロ、東西約800メートルにわたって広がる陸上自衛隊新屋演習場。隊員が基礎的な訓練を行う演習場だ。防衛省は約2年前、陸上イージスの配備候補地に選定した。

 「レーダーはこの辺りで、南側にVLS(迎撃ミサイルの垂直発射装置)が三つ並ぶ計画でした」

この記事は有料記事です。

残り2460文字(全文2788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです