メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

識者に聞く/2 言葉は人と人つなぐ橋渡し 日本語授業、まず必要 女優 サヘル・ローズさん

サヘル・ローズさん=内藤絵美撮影

 日本語が話せないまま来日した外国籍の子どもが、学校や社会になじめずドロップアウトしてしまう事例は少なくない。1980年代のイラン・イラク戦争後の混乱から逃れ、幼くして日本に来た女優のサヘル・ローズさん(34)に、外国籍の子どもが「にほんでいきる」際に感じる苦悩を聞いた。【聞き手・成田有佳】

 ――日本に来た経緯を教えてください。

 ◆私は85年、イランの小さな街で生まれ、4歳から孤児院で暮らしていました。ボランティアに訪れていた大学生が私を引き取り、養母になってくれました。母は日本で働くことを決め、私も7歳で来日しました。93年8月13日のことでした。

この記事は有料記事です。

残り2519文字(全文2797文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです