メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ 遠隔授業、聴覚障害者対応手探り

遠隔情報保障システムを活用した授業後、内容について振り返った際のやりとりの様子。左側に学生や通訳者らの顔が映り、右側には文字情報が表示される=同志社大提供

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に大学でのオンライン(遠隔)授業が急速に広がり、音声の聞き取りが難しい聴覚障害のある学生が「授業から取り残されないか」と不安と隣り合わせにいる。障害がある学生の学ぶ権利を保障するため大学側も「新しい支援方法」の模索を続ける。

 ●自宅から文字通訳

 パソコンに映し出されたのは、二分割された画面。左側にはウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」でつながった学生たちの顔、右側にはそれぞれの発言を文字通訳した文章が表示されていく。7月上旬、1年生を対象とした授業で、聴覚に障害がある同志社大学(京都市)政策学部の大田竜聖さんは、自宅で画面の文字を追っていた。文字起こしは、それぞれ自宅で授業を視聴する社会学部の小杉朱里さん(4年)と経済学部の伊藤風暉さん(3年)だ。

 大田さんは高校まで教室内の先生がマイクで話す声をFM電波を経由して補聴器に届ける機器を活用。大学入学してからは遠隔授業となり、以前と同じ形では補聴できなくなった。今は自宅のスピーカーで音声を流し、聞き取りにくい部分を遠隔で文字通訳してもらうことで補っている。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  3. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  4. 新たに312人の感染確認 国内8万人超え 感染ペースは鈍化

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです