メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ うがい薬、高額転売続出 大阪知事が推奨、定価の6倍も

 新型コロナウイルスの感染対策で、大阪府の吉村洋文知事が4日の記者会見で、消毒効果のある「ポビドンヨード」を含むうがい薬の使用を呼びかけたところ、インターネット上では早くも、うがい薬の高額転売が相次いでいる。ヨード系のうがい薬は「医薬品」にあたり、販売許可を持たずに転売すれば違法だ。会員同士が商品を売買するフリーマーケットサイトでは、定価の約6倍で売り出されたケースもあり、サイト運営者は削除などの対応に追われている。

 「自宅で保管していたやつですけど、出品します」「未使用です」――。複数のフリマサイトでは、4日のうちに出品が相次ぎ、ある商品は定価(1本1080円)の3~6倍程度の値が付いた。1本3500円で売買が成立したとみられるケースもあった。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです