メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、お盆帰省「注意を」 緊急事態宣言「状況にない」 広島で会見

被爆者代表から要望を聞く会の後に記者会見する安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日(代表撮影)

 安倍晋三首相は6日、広島市内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴うお盆期間の帰省について「高齢者への感染につながらないよう注意をお願いしたい」と呼び掛けた。3密(密閉、密集、密接)を避け、大人数での会食を控えるなど感染防止策を徹底するよう求めたが、帰省の自粛は求めなかった。

 また首相は「直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではない」との認識を改めて示した。新規感染者数の全国的な増加については、「人数だけを見れば4月の緊急事態宣言の時を超えているが、状況は大きく異なっている」と指摘し、重症者数は4月末の328人から104人に、死亡者数も5月の460人か…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです