安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日午前8時31分、山田尚弘撮影
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日午前8時31分、山田尚弘撮影

 安倍晋三首相の記者会見が6日、通常国会閉会翌日の6月18日以来、約1カ月半ぶりに開かれた。広島市での平和記念式典への出席後に行う毎年恒例のもので、広島市内のホテルで行った。しかし質問は、内閣記者会と広島市政記者クラブの幹事社が事前に通告した計4問に限られ、追加質問は認められないまま約15分で打ち切られた。

 首相は会見で、3問目に聞かれた政府の新型コロナウイルス対策について時間をかけて説明し、予定時間の10分を超過した。このため司会の広島市幹部が「質問時間が予定を超えています」と質問を打ち切ろうとした。ただし首相が演台に立ったまま応じる姿勢を示したため、予定通り4問目までやり取りが行われた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文551文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集