広島に同行した官邸記者が聞きたかった首相の本音 「核のない世界」への決意は…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市の平和記念公園で2020年8月6日午前8時33分、畠山嵩撮影
平和記念式典であいさつする安倍晋三首相=広島市の平和記念公園で2020年8月6日午前8時33分、畠山嵩撮影

 米軍による原爆投下から6日で75年の節目を迎えた広島。この日、広島市内の平和記念公園で開かれた平和記念式典に出席した安倍晋三首相に「総理番記者」として同行取材した。私は大学の卒業論文のテーマに「原爆」を選んでいた。「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい」。被爆者の声に、首相はどう答えるのか。核兵器禁止条約の「締約国」になる意思はあるのか。節目の日の首相の言葉を追った。

 6日午前8時に始まった平和記念式典。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、規模は縮小され、参列者は例年の10分の1に満たない約800人。75年前、快晴だった広島の空には雲がかかっていたが、市内の気温は既に27度近く、マスクをしていると蒸し暑さを感じた。午前8時15分、原爆が投下された時間に黙とうをささげた後、首相があいさつに立った。

 「非核三原則を堅持しつつ、立場の異なる国々の橋渡しに努め、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取り組みをリードする」

 手に持った紙に目を落としながら、よどみなく語る首相。演台の傍らでは、核兵器廃絶と世界恒久平和を願う「平和の灯(ともしび)」がそよ風に揺らめいていた。

 「非核三原則を堅持」

 「橋渡しに努める」

 「唯一の戦争被爆国として核兵器のない世界の実現に向けた努力を進めることは我が国の使命だ」

 首相が並べた言葉は、過去の式典でも使われていたものだ。約5分間のあいさつで、核兵器禁止条約にも、原爆投下直後に降った「黒い雨」の援護拡大にも触れることはなかった。首相の「…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1757文字)

あわせて読みたい

注目の特集