メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄、4~6月期決算は74億円の最終赤字 新型コロナ感染拡大で

記者会見する西日本鉄道の倉富純男社長=福岡市博多区で2020年8月6日、石田宗久撮影

 西日本鉄道が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が74億円の赤字(前年同期は21億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や訪日外国人の減少で、バスや鉄道、ホテルなど各事業が影響を受けた。3億円の赤字だった20年1~3月期から赤字幅は広がり、四半期決算として過去最大になった。

 売上高は前年同期比23・8%減の703億円。本業のもうけを示す営業損益は76億円の赤字(前年同期は41億円の黒字)だった。乗客が減少したため、鉄道事業収入は44・5%減、バス事業収入は48・0%減と大きく落ち込んだ。プロ野球の開幕延期や大型イベント中止のため、ホテル事業収入も68・8%減だった。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  3. 弁護士が宇都宮市長選出馬へ 自公推薦の現職との一騎打ちの公算

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです