メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

持続化給付金 2次補正分はデロイトと契約交渉 電通、入札参加せず

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 中小企業に現金を支給する持続化給付金事業で、経済産業省は6日、第2次補正予算分の民間委託先について、コンサルティング会社「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社」と契約する方向で調整していることを明らかにした。第1次補正予算分を受託した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」や業務の大部分の再委託を受けた広告大手の電通は入札に参加せず、委託先が代わる見通し。月内に業務の引き継ぎができるか見極めたうえで契約する。

 1次補正分の持続化給付金事業(事業費2・3兆円)は、広告大手の電通などが設立した同協議会が769億円で受託。そのうち委託費の97%に当たる749億円で電通に再委託していたため、野党などは電通に事業を回すための「トンネル団体」などと批判していた。電通は7月下旬、受託業務のあり方を見直し、経産省の新規事業への応札は当面控えると発表した。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです