在日米軍駐留費「日本がより大きな責任」 トランプ氏指名の次期駐日大使発言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏=2018年1月、高本耕太撮影
駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏=2018年1月、高本耕太撮影

 トランプ米大統領から次期駐日大使に指名されている保守系シンクタンク・ハドソン研究所のケネス・ワインスタイン所長(58)の承認公聴会が5日、上院外交委員会で開かれた。今後、日米間で交渉が本格化する在日米軍駐留経費に関連し「同盟において日本がより大きな責任を負う必要がある。安倍晋三首相はそのことを十分に理解している」と述べた。

 大使就任には上院本会議の承認が必要で、ワインスタイン氏の着任時期は未定だ。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集