メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ死者数、欧州最多の英国 介護施設での死亡率が高いわけとは

家族に囲まれるアーサー・ウィットビーさん(中央)。アーサーさんの左が息子のジョン・ウィットビーさん=ジョンさん提供

 新型コロナウイルス感染による死者数が欧州で最多の英国で、介護施設に入居する高齢者の死亡率が極めて高いことが問題視されている。遺族をたどり取材を進めると、英当局が病院からの早期退院を促す中、多くの施設入居者が感染確認の検査が行われないまま施設に戻されていた「魔の1カ月間」が浮かび上がった。【ロンドン服部正法】

死因を聞かされ驚き

 「新型コロナ感染だなんて、それまで誰もそんなことを言わなかったから、聞いてショックを受けた」。父親のアーサーさん(98)を亡くした、イングランド東部ノーフォーク州のジョン・ウィットビーさん(72)が毎日新聞の取材に応じ、検視官からアーサーさんの死因を聞かされた時の驚きをそう語った。

 ウィットビーさんによると、3月末、ロンドンの北に位置するハートフォードシャー州の介護施設のスタッフから、入居しているアーサーさんが尿路感染症のような症状で体調を崩したと電話で知らされた。アーサーさんは4月3日に血を吐き、ロンドン市内の病院に搬送されたが、翌4日には施設に戻った。しかし、その後病状は次第に悪化し、同9日に亡くなったという。…

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. 自民・下村政調会長、事業者への支援「義務規定に」特措法改正案

  3. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 対馬の盆踊など、国文化財指定へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです