特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

原爆投下75年 世界のメディアは何を伝えているのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆慰霊碑に向かって祈りをささげる人たち=広島市中区の平和記念公園で2020年8月6日午前6時21分、猪飼健史撮影
原爆慰霊碑に向かって祈りをささげる人たち=広島市中区の平和記念公園で2020年8月6日午前6時21分、猪飼健史撮影

 今年で75年となった広島、長崎への米国による原子爆弾投下は、日本だけでなく英語圏のメディア多数も取り上げている。各国で何が伝えられているのか。オンラインでの報道ぶりを調べてみた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

高齢被爆者の声 主要メディア伝える

 一連の報道でまず目立つのは、高齢化が進む被爆者の現状に対する関心だろう。被爆の実相を若い世代に継承する「語り部」としての役割に対する評価が反映されているようだ。

 6日に広島で行われた平和記念式典は、各国の主要媒体が今年も一斉に報じた。米国のAP通信やブルームバーグ通信、英国の公共放送BBCやロイター通信、フランスのAFP通信、中東の衛星放送アルジャジーラなどが記事を配信した。

 APは式典について「世界初の原爆投下の目撃者たちの数が減少する中で行われ、松井一実・広島市長は日本政府の核兵器禁止条約署名を求めた」などと現地発で書いた。

 前日の5日にも被爆者複数のインタビューを配信。この中で「平均年齢83歳以上と高齢化が進む彼らは、核兵器なき世界を求め、自らが目撃した恐怖を若者に伝えようと必死だ」と…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2208文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集