メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上ひさしさん没後10年 二人芝居「父と暮せば」、出身・山形県内でメモリアル公演

二人芝居の稽古に励む古川さん(右)と土田さん=山形県川西町上小松の「生きがい交流館」で2020年7月25日午前10時56分、佐藤良一撮影

 山形県川西町出身の作家で劇作家、井上ひさしさんが被爆者の手記を読んで書き上げた、父と娘の二人芝居「父と暮せば」を、県内外で演じてきた川西町演劇研究会を主宰する古川孝さん(71)=同県南陽市=は稽古(けいこ)に余念がない。井上さん没後10年の今年は、メモリアル公演として終戦記念日の15日と16日に、井上さんの蔵書を所蔵する遅筆堂文庫がある同町フレンドリープラザで初めて演じる。【佐藤良一】

 15日の公演で84回目の父役となる。8年前から、県内全市町村での100回公演を目指し、学校や介護施設、能舞台など、さまざまな場所で演じてきた。観客が800人を超すこともあったが、10人しかいない日もあった。古川さんは「回数を数えるほど、井上さんが脚本に込めた深い意味が分かってくる」と語る。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです