メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参列者は例年の1割、ハトも飛ばず コロナ禍の広島・平和記念式典

献花のために原爆慰霊碑前に並ぶ人たち=広島市中区の平和記念公園で2020年8月6日午前9時8分、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、被爆75年の節目を迎えた広島市の平和記念式典にも多大な影響を及ぼした。式典の参列者は例年の1割未満と激減。松井一実市長の平和宣言の後に、平和の象徴とされるハトを空に放つ恒例行事も、中止に追い込まれた。

 広島市中区の平和記念公園で開かれる式典には、市によると、今年は計約1万1500席を用意する予定だったが、新型コロナ対策で各席の間を十分に空けた…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです