参列者は例年の1割、ハトも飛ばず コロナ禍の広島・平和記念式典

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
献花のために原爆慰霊碑前に並ぶ人たち=広島市中区の平和記念公園で2020年8月6日午前9時8分、猪飼健史撮影
献花のために原爆慰霊碑前に並ぶ人たち=広島市中区の平和記念公園で2020年8月6日午前9時8分、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、被爆75年の節目を迎えた広島市の平和記念式典にも多大な影響を及ぼした。式典の参列者は例年の1割未満と激減。松井一実市長の平和宣言の後に、平和の象徴とされるハトを空に放つ恒例行事も、中止に追い込まれた。

 広島市中区の平和記念公園で開かれる式典には、市によると、今年は計約1万1500席を用意する予定だったが、新型コロナ対策で各席の間を十分に空けた…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

注目の特集