都、戦前区部に造成された「隠れ盛り土」35カ所を公表 分布マップに追加

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都庁=小川信撮影
東京都庁=小川信撮影

 東京都が2014年に公表した「大規模盛り土造成地」の分布マップに、戦前に造成された区部の造成地が掲載されていなかった問題で、都は6日、こうした「隠れ盛り土」35カ所を追加掲載したマップをホームページで公表した。

 35カ所の区ごとの内訳は、港2▽品川6▽目黒3▽大田6▽世田谷10▽渋谷4▽中野2▽北2。港区元麻布や大田区田園調布、世田谷区尾山台、渋谷区大山町などの住宅街の一部が、戦前に造られた…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集