特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

原爆の日の夜を彩る赤や紫の「オンライン灯籠」 75回目の夏、広島で初の試み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「オンライン灯籠流し」のイベントで、スクリーンに映された平和を願うメッセージを見つめる人たち=広島市中区で2020年8月6日午後8時1分、山田尚弘撮影
「オンライン灯籠流し」のイベントで、スクリーンに映された平和を願うメッセージを見つめる人たち=広島市中区で2020年8月6日午後8時1分、山田尚弘撮影

 広島原爆の日の夜を淡い光で照らす灯籠(とうろう)流しが6日、初めてオンラインでも実施された。例年は広島市中区の原爆ドーム前を流れる元安川に数千個を流すが、新型コロナウイルスの感染防止策で一般参加の受け付けを取りやめたため、主催するおりづるタワー(同区)などが約1カ月前から特設サイトで仮想の灯籠を募…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集