メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR汚職偽証依頼 持ちかけた容疑者、コンサル経営者の名挙げ「金預かってきた」

東京地検が入る庁舎=金寿英撮影

 衆院議員の秋元司被告(48)が収賄罪で起訴されたカジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕された会社役員の宮武和寛容疑者(49)が、贈賄側の被告に虚偽証言の報酬として現金を提示した際、「金を別の人物から預かってきた」と説明していたことが関係者への取材で判明した。東京都内でコンサルタント会社を経営する男性の名を挙げたといい、東京地検特捜部が事実関係を捜査している。

 宮武容疑者が虚偽証言を持ちかけたとされる相手は、中国企業「500ドットコム」元顧問で元沖縄県浦添市議の仲里勝憲被告(48)=贈賄罪で起訴、保釈中。仲里被告は衆院解散当日の2017年9月28日、議員会館の秋元議員の事務所で、ドットコム社元顧問、紺野昌彦被告(48)=同=とともに賄賂として現金300万円を秋元議員に渡したとされる。仲里、紺野両被告は今後開かれる公判で起訴内容を認める方針とされていた。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです