メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声は出せないけど…新体操フェアリージャパンが練習公開「メンバーのありがたみ実感」

 日本体操協会は7日、新体操の日本代表「フェアリージャパンPOLA」の練習動画や選手のコメントを公開した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令中、共同生活を送ってきた団体メンバーは一時解散を余儀なくされた。主将の杉本早裕吏(さゆり、24歳)=トヨタ自動車=は「寂しかったけど、離れてメンバーのありがたみをすごく感じた期間だった」と振り返り、仲間の大切さを再確認しながら練習に励んでいる。

 この日は、延期前の東京オリンピックの日程では競技初日だったこともあり、報道陣に練習の様子を公開した。団体メンバーは年間350日に及ぶ共同生活と練習量で力を伸ばしてきた。しかし、コロナの影響で4月から2カ月間、それぞれの地元に戻った。その期間も選手たちはオンラインでの練習や誕生日の選手を全員で祝うなどして、コミュニケーションを取ることを怠らなかったという。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです