連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

音楽が「思うこと」を代弁 ブロードキャスター ピーター・バラカンさん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブロードキャスターのピーター・バラカンさん=東京都目黒区で2020年7月16日午後6時4分、西夏生撮影
ブロードキャスターのピーター・バラカンさん=東京都目黒区で2020年7月16日午後6時4分、西夏生撮影

 長かったステイホーム生活。テレビをつければコロナ、コロナ。うんざりして久々にラジオをつけてみた、という人もいるだろう。だが、音楽やラジオの業界もまた、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている。ブロードキャスター、ピーター・バラカンさん(68)の目にどう映ったか。

どんな話題でも淡々と/コロナ禍でもほっとする時間を

 待ち合わせは、ジャズクラブ系列のカフェ。バラカンさんはTシャツ姿でふらっと現れた。穏やかな笑顔は、分け隔てない人柄がにじみ出ているようだ。英国から1974年に来日し、音楽関連の出版社や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」の所属事務所に勤めた後、フリーランスのラジオのDJを始めた。それから40年がたつ。

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2607文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集