メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核兵器捨て、平和の花を」  広島原爆75年、ローマ教皇が訴え

 フランシスコ・ローマ教皇は広島への原爆投下から75年を迎えたのに合わせ、広島県の湯崎英彦知事宛てにメッセージを出し、昨年の広島、長崎両市訪問を振り返りながら「平和の花を開かせるには、全ての人々が核兵器を捨て去らなければならない」と訴えた。バチカン公式メディアが6日報じた。

 教皇は「75年前の恐ろしい戦争の日々(…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです