メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 道の情報共有「不十分」指摘 札幌で有識者会議 /北海道

 道の新型コロナウイルス感染症対策を検証する2回目の有識者会議が6日、札幌市内であり、医療体制が逼迫(ひっぱく)した「第2波」で「情報共有が不十分だった」などと道の情報提供のあり方を疑問視する声が相次いだ。

 札幌医大の高橋聡教授は「医療機関への情報が不十分。救急患者を受け入れる病院などには集団感染の発生情報が必要だった」と指摘。患者の転院などで医療機関をつなぐ体制作りも課題とした。

 座長の石井吉春北海道大学公共政策大学院客員教授は、この会議に提出された「打ち合わせ」の概要について「経過が読み取れるものでなければ政策決定過程を開示したとは言えない。見直しを」と注文をつけた。道は、鈴木直道知事や幹部が重要方針を話し合っていた「打ち合わせ」と称する会議の発言録を箇条書きで作成。知事以外の発言者の記載がなく、議事録も作成していない。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです