メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山・いじめ自殺 三十三回忌 寛子さん生きた証し、本に 遺族の支援者、西宮さん夫妻製作 /富山

完成した「ひとりぼっちの白鳥」を前に、岩脇寛子さんの思い出を語る(左から)岩脇壽恵さん、西宮外喜子さん、正直さん=富山市西宮町の「ギャラリー岩瀬野」で2020年8月6日、青山郁子撮影

 1988年12月21日深夜、「もうだれもいじめないで」との遺書を残し、富山市立奥田中1年だった岩脇寛子さん(当時13歳)が自宅アパート4階から飛び降りた。あれから32年。12月の命日は三十三回忌に当たる。少女の非業の死を忘れないでほしいと、遺族の支援者が寛子さんを題材にした児童書「ひとりぼっちの白鳥」を今月17日に自費出版する。

 本を作ったのは、富山市西宮町で喫茶「にしのみや」を経営する西宮正直さん(78)と妻外喜子さん(70)。報道で事件を知った2人は「もう、ひとりにはさせないよ!の会」を結成。寛子さんの遺族が安全保持義務違反があったなどとして富山市を相手取り96年に富山地裁に提訴した裁判を支援した。2004年に最高裁への上告が不受理となり敗訴が確定した後も毎月会合を開き、全国各地で自らの体験を語り、いじめ撲滅を訴え続…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです