特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日 高校生平和大使、静岡集会で訴え /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
核兵器の廃絶と平和への思いを訴える(左から)木下桜さん(17)、今永歩さん(17)、杉木千夏さん(16)の3人の高校生=静岡市駿河区の静岡労働会館で
核兵器の廃絶と平和への思いを訴える(左から)木下桜さん(17)、今永歩さん(17)、杉木千夏さん(16)の3人の高校生=静岡市駿河区の静岡労働会館で

 75回目の広島原爆の日を迎えた6日、原水爆禁止静岡集会(原水爆禁止静岡県民会議など主催)が静岡労働会館(静岡市駿河区)であった。新型コロナウイルスの影響で、広島、長崎市である世界大会がオンラインの開催となったため、県内で初めて開かれた。

 集会は2020年度の県の高校生平和大使などに選ばれた3人の高…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集