メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/7 主婦と農業を兼業しよう 子どもと向き合う時間確保 /愛知

近藤さん(左)に教わりながら、ペコロスを選別していく藤川さん(右)と大堀さん=愛知県知多市で

 農業女子が生む“わくわく感”は何なのだろう。日焼けした肌で黙々と打ち込む農業男子も悪くはないが、農業と出合った女性は必ずと言っていいほど、面白いことをやり始めるから目が離せないのだ。

 「主婦と農業の兼業が成り立つビジネスモデルを作ろうと張り切ってるよ」

 新聞記者を辞めて就農した愛知県知多市の近藤由佳さん(44)から先日、こんなメッセージが届いた。主婦と農業の兼業!? 興味津々なので、今回は番外編。新しい苗が元気に育っている夫(37)のカーネーション農園から少し離れ、知多半島で芽吹く新しい農業の形を紹介したい。

 近藤さんはかつて、県内の新聞社で働いていたが、3人の子どもと向き合う時間がないことがつらくなって退社。地元特産の小タマネギ・ペコロスの栽培農家に1年間弟子入りし、2014年に就農した。ペコロスを選んだのは出荷単位が5キロと軽く女性にも扱いやすいことや単価が高いことが理由だ。加えて、担い手不足で産地が衰退の危機を迎えていたことも背中を押した。現在は春から夏に出荷するペコロスをメインに、さまざまな西…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです