「中学校でも自校給食を」 保護者らの会、名張市へ要望書提出 導入求め署名1253筆も /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
要望書と署名を森上副市長と西山教育長に渡す「自校給食をすすめる会」のメンバーら=三重県名張市役所で、衛藤達生撮影
要望書と署名を森上副市長と西山教育長に渡す「自校給食をすすめる会」のメンバーら=三重県名張市役所で、衛藤達生撮影

 名張市内の保護者らでつくる「自校給食をすすめる会」は6日、自校方式の中学校給食を求める要望書と1253人から集めた署名を森上浩伸副市長と西山嘉一教育長に提出した。現在、市内の中学校では給食はなく、家庭から弁当を持ってくるか、業者から購入するようになっている。一方、県内ではほとんどの中学校で給食が実施されている。【衛藤達生】

 同会は、市内の小学校で行われている自校方式の給食について「できるだけ添加物を加えない、手作りの安全でおいしい」と評価。地産地消や伝統食など地域に根ざした豊かな食文化を伝え、地域の活性化にも寄与するとして、中学校でも自校方式の給食導入を求めている。署名活動は今年1月から開始し、3月までに1253筆の署名が集まったという。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文720文字)

あわせて読みたい

注目の特集