メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蒲生、ミニ絵本でPR 東近江市職員の大槻さん作成 /滋賀

大槻恭子さんが作成したミニ絵本やポストカード=伊藤信司撮影

 東近江市蒲生支所副主幹の大槻恭子さんが、地元ゆかりのガリ版や鉄道駅などを紹介する8ページのミニ絵本(縦10・6センチ、横7・5センチ)を作成した。同市ホームページ(HP)にあるファイルを印刷すれば、各家庭でも簡単に手作りできる。

 蒲生地区にはガリ版(謄写版)発明で知られる堀井新治郎・耕造親子の本家が「ガリ版伝承館」として残っている。また同地区には近江鉄道の駅が四つあり、中でも桜川駅と朝日野駅は今年で開設120年を迎える。これらの歴史を知ってもらお…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです