メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心はどこに

京丹後・米軍基地 感染相次ぎ、きょう緊急「安安連」 住民代表ら参加 防衛省 /京都

 米軍経ケ岬通信所(京丹後市丹後町)の軍人・軍属らの新型コロナウイルス感染が相次いでいる問題で、防衛省は7日午後1時半、緊急の「経ケ岬通信所安全安心対策連絡会」(安安連)を京丹後市役所で開く。中山泰市長が緊急開催を要望したもので、基地の地元住民代表らが参加する。基地に勤務する軍属らのPCR検査状況などが明らかになっていないため、住民は詳細な情報開示を求めている。

 同基地関連の感染者は6日午後5時現在、軍人3人、軍属7人、日本人女性2人の計12人。防衛省によると、基地の人員は最大で軍人20人、軍属140人としている。このほか、通訳や、売店などで働く地元住民らがいる。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

  5. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです