連載

食探訪

地域の特色を映し出す食材や料理を紹介します。

連載一覧

食探訪

麺やスープ、お好みで てのべ たかだや カップ入りそうめん /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カップ感覚で楽しめるそうめんと、茶飯いなり=奈良県桜井市で、廣瀬晃子撮影
カップ感覚で楽しめるそうめんと、茶飯いなり=奈良県桜井市で、廣瀬晃子撮影

 スープ感覚で味わえる紙のカップ容器入りの手延べそうめん。三輪素麺(そうめん)製造販売会社「マル勝高田商店」内の物販飲食店「てのべ たかだや」のカフェ風の飲食スペースで提供している“新発想”メニューだ。【広瀬晃子】

 同社は1977年に創業。これまでも社内の店舗で商品を販売していたが「そうめんは夏の食べ物」という従来のイメージを覆す新しい食べ方を提案しようと、飲食スペースを併設した新店舗として3月に再オープンした。

 そうめんはクセがなく、だし本来の味を楽しめることから、イリコなどの厳選素材でだしをとったスープと合わせたメニューを料理研究家らが開発。提供する飲食スペースの名称もスープとそうめんを合わせた造語「スーメン」にした。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集