特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日 「8月6日の重さ感じて」 徳島・核廃絶の集い /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平和を訴えるプラカードを掲げる参加者ら=徳島市のかちどき橋で、岩本桜撮影
平和を訴えるプラカードを掲げる参加者ら=徳島市のかちどき橋で、岩本桜撮影

 広島へ原爆が投下された日から75年となる6日、市民など約70人が徳島市のかちどき橋に集まり、「核兵器はもういらない」などと書かれたプラカードを手に、核廃絶と平和を訴えた。

 集いは「非核の政府を求める徳島の会」などが主催した。同会は例年、原爆の犠牲者を追悼する集会を東林院(鳴門市大麻町大谷)で開催し…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集