特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

「原爆と人間」パネル展 実相伝える写真40点 熊本 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆で亡くなった少年の写真を見つめる熊本被爆二世・三世の会の青木栄会長
原爆で亡くなった少年の写真を見つめる熊本被爆二世・三世の会の青木栄会長

 広島に原爆が投下されて75年となる「原爆の日」に合わせ、「『原爆と人間』パネル写真展」が6日、熊本県庁新館1階ロビーで始まった。原爆で焼け死んだ少年の写真など約40点を展示し、戦争や被爆の実相を伝えている。14日まで(土日・祝日を除く)。

 熊本被爆二世・三世の会(青木栄会長)が2014年から毎年実…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集