メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日 75年、今やらねば

 75年草木も生えぬと言われた歳月を経て迎えた6日の「広島原爆の日」。コロナ禍に見舞われ、いつもと風景は違っても、人々は変わらず平和を願った。亡き母らの生きた証しを集めた人、命ある限り語り続けると決めた人、病と差別を恐れた3四半世紀を経て「被爆者」と認められた人……。セミ時雨が響く平和記念公園で悼み、祈り、未来へと思いをはせた。

 平和記念公園の西端に建つ「義勇隊の碑」前では6日朝、この付近で原爆に遭って亡くなった72人の遺影が掲げられ、慰霊祭が行われた。写真を集めたのは「川内村国民義勇隊」の遺族会長、柳原有宏さん(77)=広島市安佐南区。ここで犠牲になるまで生きていた証しを表すとともに、年老いて出席できなくなった遺族の思いも受け止めたいと、1軒ずつ訪ね歩いて複写した。新型コロナウイルス禍もあってこの日の参列者は例年の半数以下となる約50人に減ったが、その1枚に写る母を見て「皆さんと一緒だから少しはうれしそうかな」と充実感をにじませた。

 セピア色の写真のなかには、学生服を着た男性や着物姿の女性もいる。香の煙が立ち上る碑の横にそれらの遺影を張ったボードを三つ並べ、柳原さんは「安らかに天国で過ごしてほしい」と手を合わせた。

この記事は有料記事です。

残り3522文字(全文4038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです