メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性暴力被害者の支援センター強化へ 橋本担当相、検討会議設置を表明

橋本聖子五輪担当相=国会内で2020年2月27日、川田雅浩撮影

 橋本聖子男女共同参画担当相は7日の記者会見で、性犯罪や性暴力の被害者の治療や相談に乗る「ワンストップ支援センター」の体制強化のため、関係省庁による検討会議を近く設置すると表明した。証拠保全の迅速化などの方針について年度内に取りまとめる。

 支援センターは全都道府県に1カ所以上設置されている。しかし、加害者の体液を採取して証拠保全できる体制が整っていないことなどが課題となっている。

 橋本氏は…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです