メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「党名投票」立憲が一転受け入れ伝える 玉木氏さらに注文も 合流なお不透明

枝野幸男代表=竹内幹撮影

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は7日、国民民主党の平野博文幹事長と両党の合流について国会内で協議し、国民が求めていた「党名を投票で決める」との案を受け入れる考えを伝えた。国会議員による代表選と同時に、党名も選ぶという。ただ、国民の玉木雄一郎代表は「地方議員の声も反映させたい」と述べており、なお合流協議の成否は見通せない。

 福山氏によると、11日をめどに幹事長・政調会長間で代表選規定や党規約、綱領の策定作業を終え、それを旗印に新党参加を呼びかける。参加議員が確定した後に行う代表選では、代表名と党名を1枚の投票用紙に書き込む。最も多かった党名に決める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アクセス 「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 治部れんげさんの話

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです