メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナショック浮き彫り 吹き飛ぶ需要 4~6月期の各社決算を分析

記者会見で4~6月期連結決算について説明するゼンショーホールディングスの丹羽清彦グループ財経本部長=東京都内で2020年8月7日、釣田祐喜撮影

 東証に上場する企業の2020年4~6月期決算発表が7日ピークを迎えた。SMBC日興証券が6日までに発表した東証1部上場の873社(全体の65・7%。会計基準が異なる金融業を除く)を集計したところ、最終(当期)利益の合計は前年同期比75・9%減と大幅に悪化。新型コロナウイルスの感染拡大による打撃の深刻さが改めて浮き彫りとなった。

 本業のもうけを示す営業利益ベースでは70・3%減。新型コロナの影響で業績が急激に落ち込んだ20年1~3月期(61・4%減、全1479社が対象)からさらに悪化した。

 政府の緊急事態宣言に伴う外出自粛の直撃を受けた外食業などの業績悪化が顕著で、牛丼チェーン「すき家」などを展開するゼンショーホールディングス(HD)は、63億円の最終赤字(前年同期は19億円の黒字)に転落。営業時間の短縮などが響いており、丹羽清彦グループ財経本部長は7日の記者会見で「外食産業は航空やレジャーと同様、ダイレクトに影響が出る。かなり大きな影響を受けた」と振り返った。

 運営するディズニーランドなどの臨時休園が6月末まで続いたオリ…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです