自然科学論文の数、中国が米国抜き世界一に 企業の研究開発費も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=ゲッティ
=ゲッティ

 中国から発表された自然科学論文の数が、長年最多だった米国を抜いて世界一になったとの集計結果を、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が取りまとめた。企業部門の研究開発費でも米国を抜いて初めて1位となり、中国が2000年代に入って激増させている研究活動への投資が結果に反映された格好だ。

 NISTEPは全世界の発表論文を対象に、3年間の国別平均値を算出。複数国の研究者が関わった共著論文は所属機関数に基づいて、国別の貢献度を分数で割り振った。その結果、16~18年の中国の論文数は1年あたり30万5927本。米国の28万1487本を上回…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集