メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自ヘリから部品落下か 飛行中に計3キロ 舞鶴・第23航空隊所属 被害は未確認

部品が落下した可能性のある哨戒ヘリコプター「SH60K」と同型機=京都府舞鶴市の舞鶴航空基地で2020年8月7日午前10時45分、塩田敏夫撮影

 海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は6日、第23航空隊所属の哨戒ヘリコプター「SH60K」の部品が訓練中に落下した可能性があると発表した。護衛艦に着陸する際に機体を固定する部品6個で、重さは計約3キロ。人的被害は確認されていないという。

 同総監部によると、ヘリは6日午前9時11分、舞鶴航空基…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです