メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「四千万歩の男」執筆の過程記す 井上ひさしさんのノート公開 山形・川西

伊能忠敬の歩数を綿密に計算したことを記したノート=山形県川西町上小松の遅筆堂文庫で2020年8月4日午前11時16分、佐藤良一撮影

 作家・劇作家、井上ひさしさんの蔵書を所蔵する遅筆堂文庫(山形県川西町)は、江戸時代の測量家、伊能忠敬(1745~1818年)を主人公にした小説「四千万歩の男」を書き上げるまでの過程を記した「伊能忠敬ノート」を初めて公開している。全国を歩いて測量した伊能の歩数を井上さんが丹念に計算した様子に、同文庫の遠藤敦子学芸員は「文学者なのに、理系の頭脳も持ち合わせていた」と話している。

 伊能は16年半かけて全国を測量して歩き、死後に弟子らが事業を引き継ぎ、1821年に「大日本沿海輿地全図」が完成。初めて国土の正確な姿が判明した。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです