メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅館が始めた「あん肝ラーメン」が人気 コロナ禍打開に 茨城

8月から提供を始めた「あん肝塩ラーメン」とトッピングのさつま揚げ=北茨城市平潟で2020年7月31日午後2時42分、田内隆弘撮影

 5月末から北茨城市の旅館「あんこうの宿 まるみつ旅館」が始めたラーメン店が好調だ。名物のあんこう鍋に着想を得た「あん肝ラーメン」は通販も含めて2カ月で約3000食を売り上げ、社長の武子(たけし)能久さん(44)は「ラーメンを食べたくて、ついでに泊まりに来ましたというお客もいてうれしかった」と笑う。【田内隆弘】

 まるみつ旅館はコロナ禍の影響で4月12日から休業を余儀なくされ、5月31日に「新しい収益の柱に」とラーメン店「麺屋まるみつ」を開いた。アンコウの肝をたっぷり溶かしたみそ仕立てのラーメンは、週末には行列ができるほどの人気を呼ぶようになった。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです