特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ポップサーカス」、コロナ休演で収入途絶え苦境 ネットで資金募る 宇都宮

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宇都宮公演のリハーサルの様子=ポップサーカス提供
宇都宮公演のリハーサルの様子=ポップサーカス提供

 移動型サーカスショーを展開する「ポップサーカス」(大阪市)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公演を開けずに収入が途絶え、苦境に立たされている。

 ポップサーカスは、宇都宮市の「道の駅うつのみや ろまんちっく村」にテントを設置し、2月15日から4月12日までの公演を予定していた。ところが開演わずか1週間で、新型コロナの影響で休止を余儀なくされた。今のところ、再開のめどは立っていない。

 約70人いる出演者・スタッフの多くが海外パフォーマー。渡航制限が解除されて母国に一時帰国した人もいるが、約半分は故郷に戻れていない。テントに設置した宿舎に滞在してトレーニングを続けながら、宇都宮公演の再開を待っている。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文591文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集