特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

政府、コロナ検査体制強化へ PCR車両派遣や臨時検査所設置を支援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る加藤勝信厚生労働相=東京都千代田区で2020年8月7日午前9時57分、竹内幹撮影
首相官邸に入る加藤勝信厚生労働相=東京都千代田区で2020年8月7日午前9時57分、竹内幹撮影

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、感染が起きた場所や集団に限らず、地域の関係者が幅広く検査を受けられるよう、PCR車両の派遣や臨時検査所の設置など出張して検査する取り組みを支援するなど検査体制の強化策を打ち出した。唾液による抗原簡易キットや一度に複数検体を検査するプール検査など新たな技術開発を加速させる。

 新型コロナウイルスの1日当たりの国内検査能力は現在、PCR検査が5万2000件、抗原簡易キットが2万6000件、抗原定量検査が8000件となっている。検査能力をさらに増やすため、PCRや抗原定量検査の機器整備の費用を全額補助する。また、医療機関や大学にあるPCR機器などを使った検査能力を最大限に活用できるように、検査が可能な施設をリスト化し、検査ニーズと照合する仕組みを作る。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文598文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集