在日米軍施設の上空、ドローン飛行禁止に 辺野古など15カ所 防衛省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍キャンプ・シュワブ=沖縄県名護市で、数野智史撮影
米軍キャンプ・シュワブ=沖縄県名護市で、数野智史撮影

 防衛省は7日、上空や周辺で小型無人機ドローンの飛行を原則禁止する在日米軍施設を初めて指定したと発表した。昨年成立した改正ドローン規制法に基づいた対応で、横田基地(東京都)やキャンプ・シュワブ(沖縄県)など15カ所を対象にした。米軍普天間飛行場の移設先として、政府が埋め立てを進める沖縄県名護市辺野古沿岸部も含まれる。周知期間を経て9月6日から適用する。

 対象の施設は防衛相が個別に指定し、敷地・区域とその周辺約300メートルの上空で飛行を規制。飛行には基地司令官など施設管理者の同意が必要になる。メディアなどの取材を制限するとして懸念の声が出ていた。河野太郎防衛相は記者会見で「知る権利が大事なのはもちろんだが、昨今、ドローンがテロなどに使われる懸念もある。そういうことも考慮して追加指定した」と理解を求めた。

 15カ所は他に、三沢基地(青森県)や横須賀基地(神奈川県)、岩国基地(山口県)、佐世保基地(長崎県)など。

 違反の場合…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文667文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集