メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試の「主体性評価システム」 文科省、運営許可取り消し

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

 高校生の活動実績を電子データで記録し、入試の合否判定の資料として大学側に提供するシステム「ジャパンeポートフォリオ」について、文部科学省は7日、システムを運営する一般社団法人「教育情報管理機構」の運営許可を取り消した。自ら学ぶ「主体性」を一般入試でも評価しようという大学入試改革の一環で、2019年度に実施された入試から活用を始めたものの参加大学数が伸び悩み、法人の財政基盤が問題視されていた。

 同システムは高校生が取得した資格や部活動の実績などをポータルサイトに入力し、大学側が必要な情報を取り出して活用する仕組み。運営を引き継ぐ団体は見つかっておらず、このまま廃止される可能性もあるが、文科省は大学入試に主体性評価を取り入れるよう求めていく考えは変わらないという。萩生田光一文科相は「いろんなことを頑張ってきた高校生を正しく評価し、人間力を見ようというのは大事な視点だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです