メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一面朱色に染まる畑 お盆を前にホオズキの収穫最盛期 愛知

お盆を前に収穫の最盛期を迎えたホオズキ=愛知県西尾市鳥羽町で2020年8月6日、兵藤公治撮影

 お盆を前に、墓前や仏壇に供えるホオズキの収穫と出荷作業が愛知県西尾市で最盛期を迎えている。

 同市鳥羽町の三浦三四治(みよじ)さん(57)の畑(約700平方メートル)は大きなホオズキの実で一面が朱色に染まり、夏の日差しで緑の葉とのコントラストがまぶしい。午前6時から収穫作業を始め、1本に10~12個…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです