メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

夏休みに向けたメッセージを掲げる岐阜県の古田肇知事=岐阜市藪田南2の岐阜県庁で2020年8月7日午後0時24分、熊谷佐和子撮影

 愛知県では7日、新型コロナウイルスの新たな感染確認が158人(うち名古屋市96人)となり、11日連続で100人を超えた。

 1日から1週間の感染者は、愛知県で1031人に上ったほか、三重県で111人、岐阜県も104人となった。多くの企業や学校が休みに入るお盆期間を前に、各県知事が改めて行動の自粛を呼びかけた。

 愛知県の大村秀章知事は、県独自に出した緊急事態宣言で県をまたぐ不要不急の移動自粛や帰省の再検討を求めていることを強調。「親戚など大勢が集まる機会はあるだろうが、5~6人を超える大人数での酒を伴う飲食はお控えいただきたい」と求めた。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです