メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管収容者で初の感染確認 現在も隔離 クラスター化懸念 東京

東京都港区の東京出入国在留管理局=2019年12月28日、本社ヘリから

 東京出入国在留管理局(東京都港区)に収容されている外国人男性1人が、新型コロナウイルスに感染していると同入管が7日、明らかにした。全国の入管施設に収容されている外国人で、新型コロナ感染が判明したのは初めて。東京入管には、難民申請中を含めて滞在資格を失った外国人約200人が収容されており、クラスター化が懸念される。

 東京入管によると、この男性は50代で昨年6月27日に収容された。国籍はプライバシーを理由に開示していない。8月5日に頭痛と悪寒を訴え、入管で体温を計測したところ、一時39度の発熱を確認。同日、外部の医療機関を受診してPCR検査を行い、7日に陽性と判明したという。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです