メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

アルバムを見ながらこの35年を振り返る宇都政幸さん=鹿児島県姶良市で2020年7月13日午後4時54分、菊池陽南子撮影

 乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で35年。宇都(うと)政幸さん(85)=鹿児島県姶良(あいら)市=にとって、それは、犠牲になった妹の忘れ形見のめいとおいを見守り続けてきた35年でもあった。事故の生存者4人の一人、川上慶子さんと兄の千春さん。事故に翻弄(ほんろう)された2人のきょうだいはともに結婚し親になった。

 「あれから35年……。よう生きてきました」。古い小さなアルバムをめくりながら宇都さんはつぶやいた。そこには北海道旅行を楽しむ妹一家4人の姿が何枚も収められている。妹の和子さん(当時39歳)、夫の英治さん(同41歳)、長女慶子さん(同12歳)、次女咲子さん(同7歳)。旅行の帰りに事故機に乗り合わせ、慶子さんだけが奇跡的に助かった。

 あの日、自宅で晩酌をしている時だった。テレビから日航機墜落のニュースが流れてきた。和子さん一家が搭乗していたことを知るのはその日の深夜。もう1人の妹から連絡があり、電話の前でぼうぜんとした。翌朝、義弟2人と鹿児島空港から飛行機で群馬へ向かった。機内のテレビニュースで生存者が確認されたことを知る。「兄さん、慶子が生きてるよ!」。義弟が叫んだ。胸がいっぱいになった。「今もそんときの気持ちは言葉にできんけどなあ……、うれしかった」

 墜落現場から救出された慶子さんは国立高崎病院(当時)に搬送された。宇都さんが病院に着いた時、ストレッチャーに乗せられ、病室を移動しているところだった。その片足は「田んぼに入ったかのように泥にまみれていた」。別室に通された宇都さんは「慶子、頑張れよ、頑張れよ」と何度も心の中で祈り続けた。

 その後、慶子さんは島根県の家で祖母と兄千春さんと共に生活を始めたが、苦労は絶えなかった。家には何度もいたずら電話がかかってきた。事故後初めての慰霊登山では、銘標の前で手を合わせる慶子さんに無数のカメラが…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです